宝石の種類

婚約指輪を購入するタイミング

婚約指輪はこれから結婚する二人にとってとても大事なものですよね。
結婚するにあたって一つの節目となる婚約。
これから共に生きていく上で非常に重要なものとなるはずです。
結婚指輪は男女それぞれ「私は結婚しています」という印です。

しかし、婚約指輪は婚約を行う一つの儀式的な品です。
そんな婚約指輪だからこそ大事な時に手元に無いとなると非常に問題となります。
やっと二人で選びに選んだ大切な指輪が注文したのはいいが、いざというときに間に合わなかった、というのも聞かない話ではありません。
しかし婚約を決めたからといって早めに買いすぎてもどうなのか?

では、いつ婚約指輪を買えばいいのでしょうか。
婚約指輪は婚約を申し込むとき、つまりプロポーズする時に女性へ贈るというイメージがありますが、最近は二人で一緒に選んで購入するようになっています。
婚約指輪が必要となるのは結納を行うときです。
結納の際に婚約指輪を贈ることが一般的です。

しかし婚約指輪はショップに行って注文してもすぐに手に入るわけではありません。
ショップの在庫状況やサイズ、刻印オーダーによって大きく時間が変わってきます。
大体の場合は注文から二週間程度を要するようです。
つまり遅くても結納から一ヶ月前からは婚約指輪選びを始めるのがいいでしょう。
サイズが合わなかった時や、トラブルがあった場合でもゆとりを持てます。

ただし、フルオーダーメイドで婚約指輪を注文するときは注意が必要です。
フルオーダーになるとさらに時間がかかる場合があります。
フルオーダーで購入しようと考えている場合はさらに早めの行動が必要です。
ゆとりをもった婚約指輪選びが大事です。
ぎりぎりではなくきっちりと間に合う余裕を持った注文をしましょう。
ただし二人で一緒に計画することもお忘れなく。

思い出に残る婚約指輪。結婚後しばらくして、結婚前のことを思い出して懐かしみたいものです。
それは婚約指輪にかかっているのではないでしょうか。
いい婚約指輪選びをしましょう。

Menu